まー話がぐっちゃぐちゃ。
誰のことを書いているのか俺しかわかんないんじゃないのかな。


そんなかんじで関東あたり。
会いに行くのはいつも車を運転していった。

決まった待ち合わせ場所や時間があるわけではなくて。


「横浜まで来てもらってもいい?」

「わたし横浜なら10時頃には着くかな。」

「なら横浜駅に10時で。」

いつもこの程度を決めるだけ。
事細かに決めたところで俺は『横浜と言えば崎陽軒』レベルの情報弱者だから。
横浜駅の西口も東口もわかりゃしない。


あとはラインでやりとり。

「なんかねー、西口って書いてあってヨドバシの看板見えてるところで俺まってる。」


「えー、わたし横浜で働いてたことあるけど、それ東口でしょー。」


「西口って書いてあるから西じゃない?
みなみ西口とか書いてあるし読めば読むほど日本語がわからないけど。丸い柱の陰で人間観察しながらひっそりまってる。」


最近は本当に便利。
こんなアバウトな待ち合わせでもどうにでもなるんだからね。




「シティホテル取ったけど、チェックイン2時とかなの。」


「居酒屋で飲んでもいい?」


「うん。」



駅前の24時間営業の居酒屋で時間が来るまで過ごし、ほろ酔いの彼女とチェックイン。


酒の力ってすごいよね。
普段、俺も酒をのむ。
開放的な気分になったり、ちょっと大胆になったり。シラフなら言えないようなことも言えたり、言ってしまったり。


「俺くんを私のなかに取り込んで帰る。」

「ぜんぶちょうだい!」


すごかったの、と書いておくだけにする。


清楚な雰囲気なの。彼女。
そういう女性がそうなってこうなると、ね。
いかにもな女性が乱れるより破壊力ある。
こちらが勝手に壊れてしまうというのか。


今風の嫌な言い方をすれば「清楚ビッチ」的なやつ。
ギャップが大きければ大きいほど男はダメかも知れない。


時間が経つにつれ、酔いも覚める。
夜にさしかかる頃。


「私、そろそろ帰らなきゃ。」って。

「またな。」って抱きしめて頭を撫でると子供みたいになってた。

どっちが年上なのかわかんないねって可愛く笑ってた。


宿泊の予約をした二人が満足そうな顔でその日の夜にはチェックアウト。
夫婦に見えていたかも知れない男女が夫婦でないことはフロントの人たちには間違いなく見透かされているのだろうと思うと、早々にその場を立ち去りたくもなった。


ホテルの地下の駐車場へ向かう途中、彼女は流行りのドラマみたいに俺に腕を絡ませ、軽くキスをしてくれた。



なんてことない話だけれど、俺にとっては最高の思い出かも知れない。






『中央フリーウェイ』がなんとかって話を前にも少し挟んだけれど。
語呂や語感はいいけどさ、どのあたりがフリーなのかわかる人いますか。

フリーと言えばfree。
なんだけれども中央自動車道は無料でもなんでもなく、高速道路料金が発生しております。最高速度制限もあります。
今一つ『フリーウェイ』の理由がわからないから誰か教えて。

歌詞も詳しく知らない。
中央道走ってると、とりあえず聴いてみよっかなって気分にはなるからそこはYouTube。

俺は彼女に初めて会った時、この歌詞とは逆向きに中央自動車道を走った。

途中からジャンクションで違う道路に分岐したからいまだに基地も競馬場もビール工場も見ていない。


「お盆に実家に帰るのね。その時に俺くんに会ってみたいな。」って言ってくれた。

車で5時間なら中距離よ。
遠距離とか言わないで。



皆様は『日本海側ほぼ一県置きに美人説』って知ってますかね。
美人が多い都道府県はなんとかかんとかって話。

北海道を入れるのかどうかは知らないけど、それにしたってね。
秋田、新潟、石川、京都。ここまでは言葉通り。続いて島根、福岡、長崎。このあたりはこじつけている部分もあるかも知れないけれど。

そう、こないだ記事にした俺の同級生の嫁って福岡のひと。かわいいっちゃかわいい女だった。

んで、その女性ね。
日本海側の雪深いところで生まれ育った。
日本有数の豪雪地帯とされるところ。
中央フリーウェイで豪雪地帯って言えばそこそこ限定されるけど。
イメージは松任谷さんで合ってる。

なにがどうって雪国の人って我慢強い。
来る日も来る日も降り続く雪に耐える忍耐力って自然に備わるんだろうか。

どうでもいい話だった。


美人なのよ。かわいい美人。
さすがに俺もぶっさいくに会うために車で5時間とか飛行機で1時間とかそういう無駄なことはしない。

「人間中身が大切」と言えどね。
中身知るまでに見た目で拒絶したりするのも人間だからこそ。
でも俺ぶっさいくですけど。


あー、なんだっけ。
俺だって遠路はるばる会いにいくの。
ご近所のおばはんみたいな女ではない。

ブログだからなんとでも書けるけどね、俺の大切な時間と金使って会いに行く女に見た目ぶさいくはいない。

「お夕飯は毎日納豆だけなの。
俺くんに会うまでにもっとくびれなきゃね。」って言ってた。


結局なんの話がしたいのかわからないですけれどね、自分を管理できている女性って年齢を感じさせない美しさがあるなって。


彼女の故郷の短い夏に初めて会った。
綺麗なひとだったよ。


それまでの1年ほどはずっとラインだけで繋がってた。それだけで楽しいって言ってくれてたの。
まさか俺が本当に会いに来るなんて思ってなかったみたいで、泣いてた。


それからふたりでセックスした。
すごいって言われた。

俺くんからいろんな女性が離れないのがわかった気がするって。


結局そこよね、不倫なんだからさ。
俺ね、女性を楽しませたいと思うの。自分が出したいだけならオナニーしてりゃいい。
相手がいるのなら二人で楽しめるようにしたいと本気で思うの。

結局なんの話なのこれ。


いろんなところに行ったのよ。
彼女との待ち合わせ。


神奈川だったり、都内や埼玉。
俺が関東在住の人間ならね、土地勘もあるだろうし、見慣れた場所だろうけど。



「今わたし電車に乗ったんだけど、俺くん今どの辺にいる?」


「首都高走ってて、池袋とか書いてある。
あんまりわかんない。」


「池袋なら俺くんのが着くの早いかもだね。」


だから土地勘ないんだよ俺。
池袋どこだよ。
ウエストゲートパークどこだよ。
完全アウェイなんですけど。


俺んちから東名走って用賀から渋谷線入って、はいいさ。そんなもん誰でもわかる。


俺の車、ぼろっちいアメ車なの。ナビついてないの。
だもんでスマホやタブレットでGoogleマップを大活躍させるのね俺。

「首都高こわい」とかよく聞くけど、俺は車の運転が好きだし、そんなに思わない。
合流も分岐も短いスパンでたくさんあるだけ。

でも、首都高のトンネルってバカみたいに長い。
スマホナビなんて『GPS信号を失いました』とか喋りやがって全くの役立たず。

土地勘のない男の勘で首都高走るってどう。
自分の走っている場所が把握できない。
大都会のラビリンスよね。


彼女がどこに住んでいるのか詳しくは言えない。でも、その辺りに住んでいる。



まあまあそんなで。
「待ってろよ関東女!」みたいな気概が凄かった。

うん。
どうでもいい所から話し始めたけど、会う前のそういう経験もまた思い出深い。






↑このページのトップヘ