“音楽は手にした瞬間からあなたのものになります。”

もう20年経つかな。
赤坂泰彦さんがテレビ番組のエンディングで言っていたの。忘れられない。

本当は著作権とかあるけどね。
いや、そういうことではなくてさー。
なんでムード壊すのー!俺!。


音楽を自分で作ることは俺にはできない。
でも歌ったり、真似事的に奏でたりは好きなのね、俺。決して上手くはないけど。

洋楽けっこう聴いたりするの。
もちろんなんとか坂の握手会も手汗じっとりで行くけど。うへへ。


リンキンパーク。かっこいい。
メジャーだから洋楽を聴かない人も知っているかも。残念だ、チェスター。

理恵もリンキンパークをよく聴いていると話していた。病んでいる女性だったから、ボーカリストの生きざまを自分に投影していたかも知れない。



理恵と過ごしたラブホテル。
有線のチャンネルはふたりの好みで洋楽ロックにした。

誰だかわからないアーティストの曲に混ざってチェスターの独特な声とシャウトが聴こえてきた。

「あ、これリンキンじゃない?」って。

「そだね。でも聴いたことないやつだ。」

それもそのはず、当時その曲はリリースされた直後。新譜をこまめにチェックするほどの情熱は俺にも理恵にもなかったし。


ラブホテルで聴いたの。ラブホテルで。
一応貼っといたから嫌な気分にならない人は聴いてみてね。俺はラブホテルで聴いたけど。ラブホテル。ラブホテル。
でも音楽は手にした瞬間からあなたのものだよ。



きっと誰しもいろんな思い出とともに心で流れる曲ってある。
俺のなかでそのうちの1曲。

なぜそれを皆様と共有しようと思ったのか。
その謎は次号で明らかに!!する予定。


「うちフェリー乗り場で俺くん見送る。
でも知り合いとか居るかも知れないから手は振らないよ。
ここまで来てくれてありがとう。」

そんなだったのかな。

船の上と港。
見えているところでラインのやりとり。

「楽しかった。でもそろそろ出港だね。」

理恵がどんどん小さく消えていく。


夕暮れの別府湾。海と山がすごく近い。
港から離れるにつれて街全体が見える。
山の斜面にたくさんの家やホテルがみえる。
街の灯りと湯けむり。本当に綺麗な景色だったと記憶している。


「もう俺スマホのバッテリー切れそう。
忘れない。」


「うちも。」



その後、家で検索したんだな。
リンキンパークの新しいやつ。

「これだったよな?」と動画を送ったの。
それが今のやつ。


普段は洋楽を聴かない人にも聴いてもらえると俺もリンクを貼った甲斐がある。
思い出を『Burn It Down』

うわ、俺いまかっこよかった。
でしょ?