2019年10月



どうも。
先程までYouTubeでクリスタルキングの“大都会”と浅香唯の“セシル”を聴いていましたよ。

たまに別れた奥さんとカラオケに行ったりします。もちろん子供たちも居るんですよ。
そんなときに間違いなく“セシル”を歌う時代錯誤な女性なんですけれど、なんかいい曲です。
俺もGLAYの“ずっと二人で…”を歌って応戦いたしますが、離婚した二人にずっと二人でもくそもないというのが世間一般の思惑だと思われます。

どうでもいいか。  



観光でも、仕事でもない。
ただ女性に会うためだけにいろんな所へ行った経験があります。今もそれなりの距離を移動して女性に会いにいきます。

そういうネタでここでブログを書いています。はたから見たら気持ち悪いおっさんなのかも知れません。

その時々、訪れた先の風景を写真におさめたりしています。といってもスマホカメラです。

当時のマイクロSDとか度々無くしちゃって、せっかくきれいに撮れたあの街この街の風景も今はあまり残っていません。
(ずっとAndroidだと言いたい風情。)


そんな俺の画像フォルダを公開!

ここに点々と写真を貼り付けて、俺と地元民にしかわからない風景を皆様と共有しようというけっこう無意味なプランです。

俺は感傷的になることもあるかも知れませんが、皆様はただ淡々と写真を見せられているだけです。



Effect_20191022_234559



「ついたよ。ここ、わかる?
ここで待ってるから。」

「子供たち実家に預けたらすぐ行くけーん。」

そんなメールのやり取りだったのかな。


俺んちから車で5時間、その後フェリーで数時間。そんなところにあるこの浜辺。
国道10号から少し入ったところだった。
それから近くのラブホテルに入った。

そういうのは覚えてる。でもどんな話をしたのかなんてほとんど記憶にないね。
ラブホテルの窓を開けて海を眺めた。

「こっちは日出町、向こうが大分市。」
そう教えてもらった。
地理とか好きだから、地名は記憶に残る。

あとは、リンキンパーク。

↑そんな記事に飛びますリンクです。






 


コンビニのサンドイッチって境目がわかりにくいですよね。これはどっちのパンなの?ってなります。そんな気持ちわかるでしょ。


ものすごく話が長くなってねー、ごめんなさいねー。というか俺飽きた。




渡辺はその後美穂に対して間接的に傷害事件を起こします。
美穂のアパートのチャイムを鳴らす男がいて、不用意にドアを開けたら、知らない男にすごい勢いで押し倒されたと。
けっこうな体格の女性が押し倒されるんだから、けっこうな力だったんだと思う。
俺は美穂を押し倒せる自信がありません。



それから警察に通報してパトロールを強化してもらって、周辺で変な行動をしていた男を職質して任意で引っ張ったら実は渡辺の同級生だった。
渡辺に頼まれて美穂の家の周りをうろうろしてたんだと思う。

渡辺は直接それには関与していないけれど、関係あるんだろうと。


美穂は押し倒した相手と民事で何かを争ったのかな。精神的な苦痛に対する慰謝料だか賠償金を請求してた。
 

俺夫婦の調停とは別のところで警察だの裁判所だのってめんどくさい。

長らく(でもないか)記事を書かなかったら続きを書く情熱も薄れるよね。
だもんで適当にこの話をフェードアウトさせます。

漫画家さんとか小説家さんってすごいよね。
物語を書き上げるまでモチベーションを保てるんだなーと。俺なんか到底むりだ。ほんま飽きちゃう。


また違うなにか書くね。




 


少しご無沙汰しておりました。
ご無沙汰していた理由はですね、これといってありません。

俺の記事の更新を待っていてくれる奇特なかたもいたりする。ので、やります。

またどこから書けばよいのかわからなくなってるけれど、適当にやりますね。


詰め替え用のシャンプー&コンディショナーは皆様どんなタイミングで詰め替えているのかとても気になります。
俺はもっぱら自分が風呂に入っている最中に真っ裸で詰め替えています。

切り口だか開け口だか書いてあるところから開封したのに開封できてなくて悔しくなった経験はありませんか。
俺はもっぱら真っ裸でそれやっています。



では。


渡辺の職場に行ったのよ。電話にでないからね。当たり前のように門前払いを食らったの。

でもまた数日後に行ったのよ。
とにかく騒ぎ立ててやりたくて。

「私も渡辺の職場に行ってみるね。」と美穂が言った。

ここで経緯は詳しく書かないでおくけれど、嫌がらせのメールや電話が美穂のところにも来ていたの。思い当たるのは渡辺しか居ないと憤っていた。その嫌がらせの裏には俺の奥さんが絡んでいるのは間違いないと思えた。


「渡辺さんに会いたいからと受付で話したら、今度そういうことがあれば警察を呼ぶって言われた。」らしい。


職場ぐるみで逃げる匿うくらいなら俺の嫁とセックスしなきゃよかったのにね、と思う。

男から見向きもされないぶさいくな女でなくてよかったような気もするけれど、いざ自分の嫁がほかの男とセックスしていたとなるとね。
俺もよその奥様とセックスしていますけれど。



俺はよく人に言われることがある。
『すごい勢いで人を追い込むよね。』って。

あんまり怒らないほうだと思うけど、怒ると見境いつかなくなるのかな。
もともと生まれも育ちも良いほうではないので世間体がどうのこうのとか守るものがなんとかって、そんな発想が少ないのもあるのかと思う。



で、俺も美穂も渡辺には会うことができなくて。  

でも職場ではそういうことが起きているのはみんなが知っていることになったみたい。

その結果、奥さんは職場に居づらくなって退職することになったよう。
離婚を前提に別居してるからどうでもよかったけれど。


渡辺も職場中におかしな噂が広がったようで、それに怒ったのかな。

というか、出会い系で美穂と待ち合わせた時に既に美穂の車のナンバーを覚えていたのか、その日美穂と俺が帰るのを尾行していたのか。

美穂は職場と自宅アパートを突き止められ、見知らぬ男がその周辺をうろつくようになった。


美穂は年頃の娘と二人暮らし。
「ママ、窓の外にずっと誰かいる。
真夜中にそんなことが何度かあったの。

美穂から電話があって、俺が駆け付けることもしばしばあった。



↑このページのトップヘ